実家暮らしからひとり暮らしへ

これまで親のすねをかじり続けてきたどうしようもない私が、
ようやく自立しようと頑張るのを、どうせなら記録に残しておこうと
したためたホームページです。




実家暮らしとひとり暮らしでかかる
お金の違い

独り暮らしを始めてから、貯金が殆ど出来なくなりました。

これまでいかに、実家に甘えていたのかが貯金額でわかります。

私は派遣社員として現在働いているので、
正社員のように夏冬のボーナスは貰えません。

派遣社員って仕事によっては、
時給が一般よりも若干上の場合がありますよね?

正社員で働くと言う選択もありましたが、
飽き性な私は一つの職に就くというのが難しいんですよね。

だから就職期間が決まっている派遣社員を選びました。

実家暮らしの時は、毎月生活費として5万程入れていました。

20代で親に5万も渡しているのは多い!と、
よく友達に言われていましたがもっと渡している人もいます。

私は自分の身の回りのお世話を、ほぼ全て母に
お願いしていたので決して高くない生活費だと思っています。

20代後半にもなってこんな生活では、自立の出来ない女になってしまう・・・。

そんな理由から貯金をして独り暮らしを始めました。

独り暮らしをしてから、家賃、光熱費、交通費、食費など全て自分で負担。

生活費としては毎月10万は掛かっています。

それから突然の出費など、
色々計算すると手元に残るのは2万程度。

実家暮らしの時はこれらの生活費全てで5万。

貯金以外で手元に残るのは5万ほどでした。

自由に使えるお金が減り、今は行動範囲がかなり限られています(笑)

だけどその分、独り暮らしをしたから開放感を得られました。

実家に居ると楽な部分が多いのですが、
やっぱり独りとなると自由は気楽。

貯金は少しずつしか出来ず、実家暮らしと比べると倍も差がありますが、それでも精神的には楽なので独り暮らしはやっぱり良いって思います。

そろそろ開放感も満喫したので、
彼氏が欲しいな〜と思う三十路間際の私。

私は人生設計なんてしたことがないけど、
友達はしっかり人生を計画しなきゃ後悔すると言います。

周囲は結婚や出産ラッシュなので、
そろそろと思いますが出会いって焦っても見つからないものですよね。

自由なのに自由じゃないような、
変な不安に襲われることがよくあります(笑)