実家暮らしからひとり暮らしへ

これまで親のすねをかじり続けてきたどうしようもない私が、
ようやく自立しようと頑張るのを、どうせなら記録に残しておこうと
したためたホームページです。




ひとり暮らしをしたい理由

ずっと一人暮らしに憧れていた自分が居ます。

学生の頃から仲の良かった友達が、実家から就職先へ
通勤するのが困難との理由で、卒業後すぐに一人暮らしを始めました。

友達は卒業直後は掃除も料理も全く出来ず、
週末になると母が尋ねて掃除などをしていました。

私も遊びに行くと、ちょうど友達の母と一緒になったりと、
顔を合わせる機会が多かったんです。

日に日に母の訪れる回数が減り、現在は全く来なくなりました。

それは友達が一人で掃除も料理も
何でも出来るようになったからです。

親の背中を見て育つといいますが、
学生上がりでは何もかもが始めて。

日に日に自立していく友達を見ると、
なんだかうらやましくなりました。

私は実家暮らしで母が全てを行ってくれる、
仕事から帰っても朝起こされる時もです。

初めは楽だと感じていましたが、一人暮らしでのびのび過ごしている
友達を見ると、うらやましくて仕方ありませんでした。

次第にお互いに彼氏が出来、友達は時間問わずに
彼を自宅へ招き入れ遊んでいる。

一方、私は一人暮らしだった当時の彼の自宅へ行くだけ。

実家暮らしの私の家には、一度しか来たことがありません。

私と母は友達のような関係ですが、
たまに部屋の掃除を買ってにする母にイライラする事もあります。

見られたくない物を見てたり、
出かける際に必ず「どこに行くの〜」などの干渉。

これまで当たり前だった事が、
年齢と共にどんどん重たくなってきたんです。

そろそろ年齢的にも自立したい!
これが私が一人暮らしをしたかった理由です。

一人暮らしをする為には、色んな問題が出てきます。

引越し先や費用、家具家電の準備など様々。

また一人暮らしを始めた時、
寂しさなどの精神面も気になりました。

既に一人暮らしを始めている友達にも色々聞き込み、
メリットとデメリットなどを聞いてみました。

やっぱりデメリットに感じる部分は、貯金が出来ない、
一人のご飯は寂しいなどです。

けれどもそれ以上に開放感と言うメリットが強く、
みんな一人暮らしをした事を後悔していないんだそうです。

やっぱり自立をするためにも、
一人暮らしの決意をして良かったと今は思っています。